2015年入社
PR事業部Iさん

グラムスリーで働こうと思った理由を教えてください。

大学時代は商学部だったためマーケティングやブランディングに興味を持ち、就職活動では主に広告業界・PR業界を見ていました。就職活動を進めていくうちに、広告業界よりも個々のスキルが重視されるPR業界を志望するようになりました。
数あるPR会社の中でもグラムスリーを選んだ決め手は、面接をしてくださった先輩社員の雰囲気と、社長が最終面接でおっしゃっていた「プライベートはしっかり遊び、いろいろな経験を積んでほしい」という言葉です。

現在行っている仕事の内容を教えてください。

現在は主に食品メーカーの商品を担当し、PR全般を担っています。商品が話題化するような切り口を考えて企画書を作成するなど、商材がメディアに取り上げられる際のコーディネートを行っております。
また定期的にメディアにアポをとって訪問し、担当商材のプロモートも行っております。

どんなときにやりがいを感じますか?

自分の担当している商材がメディアに取り上げられ、仕事と関係のない友人から反応をもらったときです。PRでは基本的にお金を支払ってメディアに取り上げてもらうのではなく、純粋に興味を持ってもらえたときや情報に価値があると思ってもらえたときに取り上げられます。同じ商材・同じ情報でも自分の伝え方がメディアに取り上げられるかが左右されるため、自分のプロモートがメディア露出につながったときは大きな喜びを感じます。またそれを「見た」と言ってもらえたときは自分の携わる仕事の世の中への影響力を実感し、モチベーションにつながっています。

グラムスリーの社内の雰囲気はどんな感じですか?

部署の枠を超えて交流する風通しのよい職場で、社員の個性や得意分野を存分に活用しようという空気があります。たとえば何か企画を考える際は社内ミーティングを行って年齢や社歴に関係なく意見交換をしたり、何か得意分野を持つ人にアドバイスを求めたりします。その得意分野とは、たとえばアメリカに10年以上住んでいた、サッカーに詳しい、といった一見仕事とは関係ないと思われることも多く、それが新たなアイディアにつながる場合もあります。
私自身、入社してすぐに大学生の傾向を先輩から聞かれ、その意見が企画書に反映されたこともありました。また社員旅行や納会などもあり、社長や取締役を含めた多くの社員が参加して交流しています。

将来的にはどのような仕事にチャレンジしたいですか?

近い目標としては、3年後の2020年東京オリンピックに関わる仕事にチャレンジしたいです。オリンピックは世界が日本に注目する絶好のチャンス。オリンピックに向けてPR施策を積極的に採用する企業も多いと思いますので、この機会に多くの経験を積めたらと考えています。
長期の目標は商材・メディアともに何か得意分野を確立することで、社内の人がその分野について知りたいと思ったときに声をかけていただけるようになりたいです。また個人的にはプライベートでの友人が持つ夢を、仕事で培ったPRノウハウを使って応援出来たらと考えています。

一日のスケジュール

  • 09:30出社メールのチェック、スケジュールの確認を行います。
  • 10:00社外ミーティングオリエンテーションです。担当している商材の特性とクライアントの意向を社外の人に伝え、プロジェクトの方向性を決めていきます。
  • 11:00原稿確認編集部から来た原稿を確認し、クライアントや取材した専門家に確認していただきます。
  • 12:00ランチできるだけお弁当を持っていくようにしています。社内でランチをとる人も多く、部署のちがう先輩とのコミュニケーションの場にもなっています。
  • 13:30取材・
    撮影立ち合い
    取材調整した専門家の取材に立ち合います。基本的には見守りつつ、時にクライアントの意向に沿った話の流れになるようディレクションを行います。
  • 15:30メディアプロモートアポをとった編集部に伺い、担当している商材の魅力を伝えます。また、今後のPRの切り口を探すために、今メディアに関心の高い情報の収集も行います。
  • 17:00メディアへのイベント誘致の電話かけ直近のイベントに出席してもらえるようメディアにイベント誘致の電話かけを行う。メディアによって興味を持ってもらえるような切り口を考え、簡潔に伝えられるよう心がけています。
  • 18:00退社最後のメールチェック、明日のスケジュールとToDoリストを確認・整理して退社。
    退社は19:00を過ぎることもあります。