料理研究家/管理栄養士・舘野真知子氏

◆◇舘野 真知子(たての まちこ)◇◆

◆生年月日:1973年12月6日
◆出身地:栃木県
◆専門:管理栄養士、発酵料理

栃木で8代続く専業農家に生まれる。
管理栄養士として病院に勤務後、2001年アイルランドの料理学校「Ballymaloe Cookery School」に留学。校長ダリーナ・アレンに影響を受け生産者を尊重すること、素材を生かす料理をすることをモットーにしている。
2003年に帰国後はフードコーディネーターとしてメディアなどで活動。
2009年にはレストラン「六本木農園」の初代シェフを務め、「生産者の顔が見えるレストラン」を目指し、新鮮な素材を生かして都市生活者の健康を意識した料理を提供。また、日本に伝わる伝統的な食文化を、現代の形に合わせてつないで行くワークショップなども多数企画運営した。
現在はフリーランスの料理家として、発酵料理をキーワードに、料理の楽しさや食べることの大切さを「栄養・料理・文化」を通して伝える活動をしている。また国際交流にも積極的に参加し、外国人向け料理教室Kitchen Nipponにて講師を務めている。2015年にはイタリア・ミラノで開催されたPeace Kitchenが実施した和食をつたえる料理教室のカリキュラム作成、講師を担当した。

著書

『おいしく食べるあま酒レシピ(東邦出版)』、『5つの自家製素材でつくる何度でも食べたい発酵食レシピ55―塩麹醤油麹味噌甘酒キムチ(PHP研究所)』、『きちんとおいしく作れる漬け物(成美堂出版)』『とっておきのぶどう(リトルプレス)』等多数。