インターバル速歩

能勢博教授の監修のもとインターバル速歩
科学的理論に基づいて開発されたアプリケーション

インターバル速歩_アプリ_アイコン.jpg2004年より熟年体育大学リサーチセンターでは、長野県内で7,300名を超える中高年者を対象に、「インターバル速歩」による運動処方を検証して参りました。
その研究の結果から、わずか6ヵ月間のトレーニングにより「体力が最大20%向上」や「生活習慣病の症状が20%改善」に加え、医療費が20%削減の効果が実証されています。

そんな運動処方が、全国どこにいても受けられるのが、iPhoneアプリ「インターバル速歩」です。

体力測定

9分間の運動で、最大運動量を測定。
トレーニングを行うための目安を算定します。

トレーニング

3分のゆっくり歩きと、3分の速歩を交互に行うインターバル速歩をサポート。
先の体力測定で定めた運動量に達したか否かを音でお知らせします。

運動履歴の確認

過去の運動履歴に遡って、累計での歩数、距離を表示でき、また日毎の総運動時間、速歩時間、総消費カロリー、インターバル速歩による消費カロリーを表示できます。

AIによるアドバイス

直近2週間の、運動頻度、運動時間、運動レベルなどをもとに、サーバー内で生成された、インターバル速歩についてのアドバイスを表示します。表示されるアドバイスの組み合わせは、30,000通り以上です。

ランキング

トレーニングの実施日数や最大運動量など、他の人と比較することが出来ます。
また、団体(企業関係の健康組合など)同士での比較も出来、インターバル速歩で提唱している1週間に60分の速歩時間を達成している人の割合で、順位を競います。

≫ インターバル速歩アプリに関するお問い合わせはこちらから

有料会員について

「インターバル速歩」は有料会員登録(月額990円)していただくことで、下記の機能を使うことができます。

トレーニング時間の設定

無料版で選択できる「15分」以外に「30分」「60分」が選べ、その他自由に時間を入力してトレーニングすることも可能です。

運動履歴の確認

無料版で閲覧できる1週間よりも過去に遡って、運動履歴が見られます。

レポートとアドバイスの確認

過去4週間分がグラフで表示されるほか、運動の頻度や強度などからAIが自動生成したアドバイスを見ることができます。

ランキングの確認

個人同士、団体同士で比較できるランキングに参加できます。