パリ自社店舗「キナセ」運営

店舗を通じて
日本とフランスの架け橋になる

グラムスリーは、代表・坂本が造詣の深いフランスにおいて、Made in Japanの良さや文化を伝えていきたいという想いから、日本とフランス両国の食・伝統文化交流の架け橋になることを目指し、日本酒や米、茶器などを販売するハイエンドなセレクトショップ「Kinasé(キナセ)」を運営しています。

キナセについて

パリ市内6区の高級住宅街、サンジェルマン・デ・プレにあるキナセは、「パリの人も日本の人も海外の人も、みんないらっしゃい」をコンセプトに2018年7月にオープンしました。

店舗の顧客は9割がフランス人で、顧客を活用したテストマーケティングなども実施可能です。またパリの老舗高級百貨店をはじめ、複数のレストランへの卸販売も行っています。

PHOTO GALLERYフォトギャラリー

アクセス

住所 28, rue du Dragon 75006 Paris
最寄り駅 メトロ4番線 サンジェルマン・デプレ駅(Saint Germain des Prés)

SNS、サイト

キナセを活用した市場調査

顧客へのサンプリング

フランスでの流通の可能性を探るためのキナセの既存顧客を活用したサンプリングプラン。サンプルをお客様へ配布し、現地の反応をフィードバックします。

特産品フェア

地域の特産品を集めた物販イベントを実施できます。商品を店舗に並べて10日間販売するため、現地のニーズや売れる価格帯などをより細かく調査できます。

店舗貸し切りイベント

店舗を1日貸し切りにし、商品のプレゼンや試飲・試食などをしていただけます。